業務委託のメリット

変化のスピードの早い現在の日本においては、【業務の分業・専門化】は必須の課題です。

社内での事務作業 ▼
営業支援事務作業(プレゼン資料作成)・請求発注業務
外部(専門家)への委託 ▼
月次の給与計算・保険関係の官公署への届出業務

 

社労士を活用するメリット

・専門家への外注でコスト削減
事務担当の従業員1名を雇用する3分の1以下のコストで、専門家に安心して業務を任せられます。
今まで経営者様が作業をされていたのであれば、本業に集中する時間を得られます。
時間と資源を有効に使いましょう。
・会社の業績アップのお手伝い
リスク管理を徹底し、人件費など経費の最適化をはかり営業利益を向上させます。
・会社と従業員との架け橋
「私の会社は社労士がいるから大丈夫」重要な個人情報を扱う人事部門、給与事務担当者などが退職してしまったら誰が業務をすれば良いのか?
外部の専門家に外注(アウトソーシング)することで、経営者様・従業員の方も安心して本業に取り組めます。
・御社の業務にピッタリの提案
「一般的にはこうですよ。」 ではなく、御社の業務内容を熟知した上で、御社にとって最も適している内容をご提案します。最新の動向・法律情報をお届けいたします。